1  妻子のために、いざというときがあっても暮らせるようにしておいてやりたい

グッドライフサポーターズからのアドバイス
あまり考えたくないことだとは思いますが、「いざ」が起きてしまった時の家計収支のシミュレーションをしてみましょう。想定される支出にはご遺族の生活費やお子さんの教育費などがあります。そこから公的年金等の収入を試算し、不足がある場合には生命保険等で補いましょう。一定以上の資産がある場合には、相続対策の検討も必要です。
 
2015/09/17
誰にどのように相続させるのか?

2015/07/10
タイトルを入力


 
▲このページのTOPへ