渡邊 竜行(わたなべ たつゆき)

弁護士

真和総合法律事務所

 
保有資格
 
弁護士
ファイナンシャルプランナー(AFP)
経歴
 
 
2000年早稲田大学法学部卒業、2004年司法試験合格、2006年弁護士登録(第一東京弁護士会)、真和総合法律事務所に入所し、現在に至る。2006年、ファイナンシャルプランナー(AFP)取得。
業務
 
 
離婚・相続事件をはじめとする家事事件の他、企業・損害保険会社を代理して多数の交通事故(加害者側)の交渉及び訴訟案件を手掛け、一般民事事件、裁判員裁判を含めた刑事事件にも幅広く対応している。
執筆実績
 
 
 
 
 
 
「分かりやすい貸金業法の手引」(編集委員 新日本法規)
「問答式 現代契約実務全書」(共著 新日本法規)
「シニアをめぐるビジネスの実際と法律問題」(共著 民事法研究会)
「コンプライアンス時代における事故対応・損害賠償の実務の手引」(共著 民事法研究会)
「相続実務に役立つ 戸籍の読み方・調べ方」(共著 ビジネス教育出版社)。
その他「KINZAIファイナンシャル・プラン」(一般社団法人 金融財政事情研究会)、「戸籍時報」(日本加除出版株式会社)のコラムの執筆も行う。
ひとこと
 
 
 
 
 
弁護士として様々な案件に対応をしておりますが、特に離婚や相続など、家事事件では当事者が感情的になり、争いがこじれる場面が多いように思えます。初めは家族同士、兄弟同士、親戚同士で仲が良かったはずなのに、このような争いが原因で絶縁状態になってしまうのを見ると、法的な解決ができても、これでいいのかと思うことがあります。
グッドライフサポーターズでは、皆様の悩みを伺いまして、それぞれの専門分野の知識を生かして検討し、最適と思われる提案をさせていただきます。是非お気軽にご相談ください。
 
2015/09/17
誰にどのように相続させるのか?

2015/07/10
タイトルを入力


 
▲このページのTOPへ