相続税の納税資金が無い!そんな時のウラ技納税術を教えます

ご相談内容
背景
平成20年9月1日、会社を経営していた西尾さん(仮名)に相続が発生しました。母親は既に死亡しており西尾さんの相続人は子供のAさん、Bさんの2人です(共に30代)。相続財産は主に次のとおりであり、相続税額は2億円と算定されました。
・現預金:相続税評価額1億円
・上場株式:1億円(相続税申告時には3000万円に値下がり)
・自宅:1億円
・会社の土地:4億円(借入金の担保に供されている)
・自社株:3億円
遺産分割自体はAさん、Bさんが評価額で2分の1ずつ分け合うということで合意したのですが、ここで納税が問題となります。相続税の納税額2億円に対し、現預金は1億円しかありません。相続発生当初は上場株式を売って現金化すれば何とかなると楽観していたのですが、その後リーマンショックを挟んで株価が大暴落してしまい、いま株式を売って現金化しても3000万円にしかならず、まだ7000万円も足りません。納税期限はもう間近に迫っています。このままだと大切な会社の土地や長年住んでいた自宅を売って手放すしかないのかと途方に暮れています。
ご不安
今回の西尾さん相続について、相続人のAさん、Bさんのご希望、ご不安は以下のとおりです。
・財産は2分の1ずつ均等に分け合いたい。
・自宅や会社の土地は換金することなく相続したい。
・納税は現金と上場株式で済ませたいが、合計しても申告時点で納税額に足りていない。
 
2015/09/17
誰にどのように相続させるのか?

2015/07/10
タイトルを入力


 
▲このページのTOPへ