離婚に踏み切る前に考えなければいけないこと

ご相談内容
背景
 ご相談者の福岡さん(仮名)は、26歳の時に夫と結婚し、結婚生活17年目。私立高校1年の長男、公立中学校2年の長女がいます。結婚後は家庭に入って夫を支え、その内助の功あって、夫も仕事に打ち込んでいます(現在の年収は約650万円)。子どもも楽しく学校に通っているようで、傍目には幸せな家庭のように思われました。
 しかし、実は、5年前から福岡さんは夫と別居しており、現在は子ども達と一緒に福岡さんの実家で生活しています。特に家庭内暴力があったとか、不倫が発覚したなどの明確な理由があったわけではありませんが、何となく、お互いの価値観にズレを感じ、生活を共にする理由も分からなくなって別居に至ったとのことでした。夫からは毎月15万円の生活費が送られており、そのため、福岡さんは別居後も働く必要はなく子育てに専念してきました。
 別居生活も5年目になり、何となく、お互いに離婚を意識する日々が続いています。
ご不安
 福岡さんの実家には評判の良い私立高校があります。長男はそこに通っており、将来は長女もそこに通わせたいと思っています。授業料その他の諸学費は月6万円程度。毎月15万円の生活費では2人を通わせるのには無理があり、夫に送金額の増額をお願いしようか、それとも自分が働きにでようか、悩んでいるところです。
 このような現状で、仮に離婚するとなると、何を決めなければならず、生活はどのように変わるのでしょうか。離婚せずとも、夫から突然生活費の送金を打ち切られるようなことがあるのでしょうか。そのような漠然とした不安を抱いて福岡さんは私の事務所を訪れました。
 
2015/09/17
誰にどのように相続させるのか?

2015/07/10
タイトルを入力


 
▲このページのTOPへ