老後の生活が設計できない!

ご相談内容
背景
 相談者の富永さん(仮名 60代)は、夫とは早くに死別して現在一人暮らしです。富永さんは古くから自営業を行っていましたが、その後様々なトラブルに見舞われ、現在では店を閉め、過去に事業を展開している時に購入した不動産収入と夫の遺族年金で生活しています。
 しかし、保有している不動産にはそれぞれローンがあり、毎月の家計の資金繰りは決して楽ではありません。また、リーマンショックで保有していた金融資産が大きく目減りしてしまい、今後の生活が不安になって夜も眠れない状態が続いてしまいました。
ご不安
 手元にあった金融資産(株式)がリーマンショックの影響で大きく減ってしまい、毎月のキャッシュフローも大幅な赤字の為に、資金がいつ底を尽くか不安で仕方ありません
 一体どのようにしたら今後の生活を送る事ができるのか、どうしたら良いのか、誰に相談したら良いのかも良くわかりません。
 
2015/09/17
誰にどのように相続させるのか?

2015/07/10
タイトルを入力


 
▲このページのTOPへ